広島をもっと知りたい?! ~三次市編~

広島をもっと知りたい?! ~三次市編~

 

広島県三次市は、広島県の北部に位置する街です。

現在の三次市は周辺の7町村を吸収合併し成り立っています。

元・広島東洋カープの梵英心(そよぎ・えいしん)選手の出身地として知られています。

名産としては、三次ピオーネ(ブドウ)や、乳団子(ちちだんご…求肥でできたミルク味の団子)が有名です。

 

 

【食を楽しむ】

数年前、広島三次ワイナリーの近くに『トレッタみよし』という道の駅ができました。

その中には産直市場やレストラン、地元で展開するパン屋さんが入っています。

 

 

産直市場では、主に三次の山の幸・川の幸・加工品が購入できます。

もちろん、それらの産直品は施設内のレストランでも使われていて、味わうことができます。

また『パン工房green麦麦』では、地元の果物を使ったパンも作られています。

 

なお、『麦麦』は三次市内にあと2店舗ありますので、立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

(トレッタみよし/広島県三次市東酒屋町438/営業時間9:00~17:00)

 

 

三次市の中心部から少し離れたところにはなりますが、

『三良坂フロマージュ』という手作りチーズを販売するお店があります。

こちらでは、牛や山羊のミルクからチーズを作っており、

市外や県外からもそれらを求めてやってくる人もいます。

チーズは手作りで量産できないため、商品が売り切れ次第営業時間終了となります。
(広島県三次市三良坂町仁賀1617-1/営業時間10:00~17:00/ただし商品が売り切れ次第閉店)

 

 

【見て楽しむ】

桜とモミジのシーズンに景観を楽しめる公園が、三次市にあります。

尾関山公園(おぜきやまこうえん)には、桜やモミジが植えられており、

それぞれのシーズンになると花見や紅葉狩りなどが楽しめます。

これらの景観を守るため、地元の方々が樹木の手入れをしているとのこと。

ぜひマナーを守って観光しましょう。

駐車場も70台分あります。
(広島県三次市三次町中所)

 

 

なんと、三次市内にはミュージアムが10軒ほど存在します。

その中で紹介したいのは、三次出身の日本画家である

奥田元宋(おくだ・げんそう)の名前を冠した、

『奥田元宋・小由女美術館(おくだげんそうさゆめびじゅつかん)』です。

この美術館を設計したのは、東京都現代美術館などを設計した

柳澤孝彦(やなぎさわ・たかひこ)氏です。

 

奥田元宋・小由女美術館はトレッタみよしや

広島三次ワイナリーなどの近くに位置しているため、

割と足を運びやすいのです。

奥田元宋の作品のほか、特別展では様々なジャンルの美術品を公開しています。
(広島県三次市東酒屋町10453-6/開館時間9:30~17:00)

 

今回の三次市はいかがだったでしょうか?

前回の安芸太田町と併せて広島の県北部の特集となりました。

まだまだ暑い日が続いておりますが、秋のドライブはぜひ県北へ行ってみてくださいね。